ずれにくく、睡眠時の使えるシンプルな立体マスクの作り方

ずれにくい

シンプルな立体マスクの作り方

中央で布をはぎ合わせ、立体的に作るマスクです☆

口元に空間ができるので、自然に呼吸ができます☆

外出時はもちろん、睡眠時にも使用するマスクとしてもお勧めです☆

【用意するもの】

110cm巾の生地30cmで3個できます。

生地

Lサイズ タテ15cm ヨコ60cm

Mサイズ タテ14cm ヨコ55cm

Sサイズ タテ14cm ヨコ50cm

※お好みで接着キルト芯 見本は薄手を使用しています。

マスクゴム 50cm~60cm

【縫い方】

① 実物大の型紙に縫い代を付け、生地を裁断します。〇の数字が縫い代です。

 

 

② 表生地、裏生地をそれぞれ中表に合わせ中央を縫い合わせます。縫った後に、縫い代にアイロンをかけて割り、切込みを入れます。

 

③ 表生地を裏生地を中表に合わせ上下を縫い、縫い代に切込みを入れます。

 

④ 表にひっくり返し、形を整えながらアイロンで抑え、ステッチをかけます。

⑤ 左右それぞれ1cmの縫い代、1.5cmを曲げゴム通し部分を縫います。

⑥ マスクゴムを通して結び、結び目を布の中にいれて完成です。

布マスクの洗い方


手作りしたマスクは、清潔に使いたいですよね。

花王の特設サイトによると、外で使ったマスクは翌日の使用に備えて、下記の手順で洗うと良いそうです。

洗剤や塩素系の漂白剤による洗浄で「マスクに付着したウイルスを不活化」させるのだそうです。

ただし、この洗い方は、綿素材のガーゼなどで作ったマスクの洗い方で、「使い捨てマスクは、ウイルスをキャッチする性能が低下するため、基本的には、再利用はお勧めしません」とのこと

1.標準濃度の洗剤で10分間したす

2.塩素系漂白剤15㎖(キャップ7分目)を水1ℓに溶かした液にマスクを10分浸す

3.水道水で十分にすすぐ

4.清潔なタオルに挟んで水分を吸い取る

5.形を整えて干す

【注意事項】

・炊事用手袋を着用する

・複数のマスクを一度に洗わない

・洗濯液の飛沫に接触しないように密閉できる容器で処理する

・洗剤液にはウイルスが含まれている可能性があるため、1ℓ当たり15㎖の塩素性漂白剤を加え、10分放置した後に捨てる

・マスクを洗濯した後は、十分に手を洗う

※この洗い方は、重金属で抗菌を訴求しているマスクには適しません。

 

材料の購入はこちら(Amazonから購入できます。)

※画像をクリックとリンク先に移動します。


マスクに最適なマスクゴム 日本製

 

小さい子どから大人まで、やさしい肌触りのニット素材 日本製

マスク、ストールに最適、さわり心地の良いソフトな風合いの二重ガーゼ  【日本製】

【新商品 数量限定】純白のアムンゼン二重ガーゼ 梨地織とガーゼ面両面楽しめる二重ガーゼ 日本製

 

マスク、ストールに最適、さわり心地の良いソフトな風合いの三重ガーゼ  【日本製】

 

 

立体マスクの中芯に最適の接着キルト芯1mカット~3mカット、パッチワークにも最適。

 

 

立体マスクの中芯に最適の接着キルト芯 お得な10m巻き、パッチワークにも最適。