不織布接着芯の貼り方

不織布接着芯の貼り方

不織布接着芯の特徴

不織布接着芯の貼り方

1.不織布接着芯の裁断

2.不織布芯地の使用手順

①表裏を確かめる → ② 糸くずなどのゴミを取り除く →③ 地の目を正しく整える → ④ 表生地の裏面にクランボン芯地をのせ、芯地側からアイロンをかける。

(芯地の裏表には注意してください。芯地によってはわかりにくい物もあります)

3.接着の条件

4.試し貼りと注意点

<適合しない場合としての現象として>

①アタリ・テカリ / アイロンで押さえられた部分が光る

→ 温度を下げて接着したり、宛て布をして接着する

②樹脂移り・染み出し / 表生地に樹脂が写る・染み出す

→ 樹脂の少ない、薄手の芯地に変える

③接着不良 / 初期接着が弱いため剥離すること。水洗いやドライクリーニングの後で発生する場合もあります。

→ 接着条件を上げる。樹脂の多い芯地に変える。

④ぶくつき・表面アレ / 表生地または芯地に部分的な水泡状の浮きや、凹凸のようなアレが出たりすること。

→ 接着芯地と、表生地がマッティングしていないため、芯地を変えて見る。もしくは、樹脂のないタイプを選択する。

鞆のふとん家 不織布接着芯 接着条件と試し貼り

鞆のふとん家 不織布接着芯 接着条件と試し貼り

鞆のふとん家 不織布接着芯 チェックの仕方

鞆のふとん家 不織布接着芯 チェックの仕方